スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男女差「違憲」で控訴断念=顔やけど跡の障害認定―厚労省(時事通信)

 労働事故で負った顔のやけど跡をめぐり、男女で障害等級に差をつけるのは違憲だとした京都地裁判決について、厚生労働省は10日、控訴を断念し、認定基準の見直しを決めた。
 判決は、同じやけど跡でも性別により補償給付額が大きく異なるとし、「著しく不合理で違憲」と指摘。女性ならば有利な認定を受けられたとする男性の訴えを認め、国の処分を取り消した。
 同省労災補償部補償課は控訴断念について、「男女差を設けることについて、合理性を立証するのは困難と判断した」としている。 

【関連ニュース】
顔のやけど跡、男女差は違憲=労災保険法の障害等級
年金保険料などを免除・猶予=口蹄疫対策で
派遣の労災、昨年は半減=請負切り替えで
派遣社員遺族の請求棄却=自殺、うつ病認定されず
障害者死亡、逆転で労災認定=「判断基準、健常者とは別」

<有松絞り>古い町並みに映え 名古屋(毎日新聞)
別れ話に腹立て、ツイッターで殺害予告した疑い(読売新聞)
<銃刀法違反>改造拳銃11丁所持 警官を追送検 警視庁(毎日新聞)
「paperboy&co.」創業者・家入一真氏、代表取締役を退任
羽田グループは自主投票 民主代表選(産経新聞)
スポンサーサイト

ハナショウブ もうすぐ見ごろ 足立区立しょうぶ沼公園(産経新聞)

 足立区谷中の区立しょうぶ沼公園のハナショウブが開花し始めている。公園を管理する東部公園管理事務所によると、6月10日ごろが一番の見ごろになるという。

 園内には5つの菖蒲(しょうぶ)田があり、約100種で計約6500株のハナショウブが植えられている。現在咲いているのは、「舞仙女」や「邪馬台国」など早咲きの4、5種類。

 開花に合わせて27日には菖蒲田に木道が設置された。

 色とりどりに咲く花を間近で見ることができる。

<雑記帳>眺め好評で非常階段を一般開放 神戸ポートタワー(毎日新聞)
<中部国際空港>ベトナム航空がホーチミン線復活(毎日新聞)
医療費確保の道筋は「デフレ脱却」―民主・梅村議員(医療介護CBニュース)
「仮想空間」商法、ビズ社の委託会社は実態なし(読売新聞)
<コースター事故>通報は3時間後 教師の要請受け、初めて(毎日新聞)

小沢氏、再び不起訴 検審再議決、焦点に(産経新聞)

 小沢一郎氏が、再度の不起訴処分となったことで、今後の焦点は「起訴相当」と議決した東京第5検察審査会の再審査に移ることになる。

 再審査は改めて告発人らの申し立てがなくても同じ検審が自動的に始める。第5検審では1回目の議決をした審査員11人のうち6人が5月で交代しており、再審査は残り5人と新たに加わった6人が行う。このうち8人以上が「起訴すべきだ」と判断した場合には、小沢氏は東京地裁指定の弁護士に強制起訴される。

 再審査で検討される証拠は、最初の審査とほぼ変わらない。ただ、小沢氏は再聴取で事件への関与を否定した調書1通を取られ、その後「検審の結論を受け、より分かりやすく、丁寧に話した」とコメントしている。「小沢氏の供述は信用できない」と議決した検審が新しい調書や、小沢氏の姿勢をどう判断するのかに注目が集まる。

 審査員のうち5月に残った5人は8月に交代することから、再議決は7月までに出される可能性もある。

 再審査の対象は平成16、17年分の政治資金収支報告書への虚偽記載だが、東京第1検審が小沢氏について19年分の虚偽記載の審査を担当しており、こちらも動きがありそうだ。

 4月27日の「起訴相当」議決後、小沢氏は東京地検特捜部からの再聴取要請にすんなり応じ、さらに衆院政治倫理審査会に出席する意向をも示した。小沢氏の態度を一変させた第5検審の判断。次は強制起訴に至る可能性もあり、これまで以上に注目されそうだ。

【関連記事】
小沢氏不起訴 信頼裏切る形式的な捜査
「政治とカネ」の悪影響回避へ 閉会急ぐ民主
小沢氏、政倫審出席は白紙に 国会会期延長せず
小沢氏、元秘書、業者…真実を語るのは誰?
小沢氏「疑惑がないこと明確にして頂いた」
中国が優等生路線に?

<中部国際空港>プラグインハイブリッド車を国内空港で初導入(毎日新聞)
福島党首、普天間県内移設なら閣議了解応じず(読売新聞)
<ダイヤ鑑定かさ上げ>「何を信じれば」店舗・消費者戸惑い(毎日新聞)
諫早干拓地堤防開門 地元対策怠り迷走 結論ありき、普天間酷似(産経新聞)
裁判員制度 守秘義務、対象事件 見直し論高まる(産経新聞)

抗生物質の売り上げ減などで医療用医薬品0.5%減―塩野義(医療介護CBニュース)

 塩野義製薬は5月10日の記者会見で、今年3月期(昨年度)決算を発表した。フロモックスが240億円(対前年度比12.1%減)などと抗生物質の売り上げが減少したことなどから、国内医療用医薬品全体の売り上げは1525億円(0.5%減)と減少した。今年度の予想については、高脂血症治療薬クレストール、高血圧症治療薬イルベタン、抗うつ薬サインバルタの最重要戦略品目を含む新薬8品目に「リソースを集中して増収を確保したい」(手代木功社長)として、1536億円(0.7%増)を見込んでいる。

【国内医療用医薬品売上高詳細】


 同社の2010-14年度の「第3次中期経営計画」で最重要戦略品目に掲げているクレストールは242億円(36.6%増)、イルベタンは38億円(219.0%増)と大幅に伸長した。今年度については、それぞれ300億円(24.1%増)、83億円(120.7%増)と予想。また、今年4月に発売したサインバルタは10億円を見込んでいる。
 タミフル、リレンザに続く第三のインフルエンザ治療薬として今年1月に発売したラピアクタについては、「40あるいは50億くらいの売り上げが見込めるのではないかと考えていた」(手代木社長)ものの、1月末からの新型インフルエンザの急速な収束により6億円にとどまった。

 全体の売上高は、アストラゼネカの海外でのクレストールの販売拡大によるロイヤルティー収入の増加や、08年10月に買収したシオノギファーマ(旧サイエルファーマ社)の売り上げの寄与により、2785億円(22.4%増)と大幅に増加。利益面では、前期の販売費、一般管理費に、企業結合による仕掛研究開発費97億円を含んでいたため、営業利益が524億円(63.8%増)、経常利益が505億円(57.9%増)と大幅に増加。純利益も武州製薬の売却益など特別利益の発生で386億円(146.6%増)となった。
 また、今年度の予想として、全体の売上高は2950億円(5.9%増)、営業利益は610億円(16.3%増)、経常利益は59億円(16.8%増)、純利益は39億円(1.0%増)を見込んでいる。


【関連記事】
抗うつ薬サインバルタを新発売―塩野義とリリー
高脂血症・高血圧・うつ病3剤で1千億円へ―塩野義
一般用医薬品「ポポンピュメリ錠VB」など新発売―塩野義製薬
インフルエンザウイルス迅速診断キットを共同販売―塩野義製薬
膣委縮症治療薬でライセンス契約―塩野義製薬

日中戦争 憲兵の手紙424通公開(毎日新聞)
20代女性3割が喫煙、全国平均の倍 新潟(産経新聞)
“平成の遣唐使船”北九州・門司港に到着(読売新聞)
とろける食感「オリーブ牛」出荷へ 小豆島(産経新聞)
「仮面ライダー」マスクを無断販売=著作権法違反容疑、男を逮捕-千葉県警(時事通信)

空き巣容疑で中国人3人逮捕=「犬の散歩」装い見張りも-被害100件か・警視庁(時事通信)

 民家で現金などを盗んだとして、警視庁捜査3課などは22日までに、窃盗容疑などで、いずれも中国籍で、無職の自称張凱容疑者(37)=埼玉県熊谷市桜町=、無職王穎容疑者(24)=同=ら3人を逮捕した。
 同課によると、張容疑者は容疑を認め、「昨年10月から今年3月の間、空き巣に入った」と供述。茨城、栃木、群馬、埼玉、東京各都県で約100件の被害があり、同課が裏付けを進めている。うち約40件の被害額は計1500万円相当に上るという。
 逮捕容疑は昨年12月26日午後3時半から同5時半ごろの間、群馬県高崎市の無職女性(73)方で、現金や指輪など約140点(12万7000円相当)を盗んだ疑い。
 同課によると、張容疑者がドライバーで窓を破って侵入し、王容疑者が見張りを担当。知人から犬を借り、付近を散歩しているように装う場合もあったという。 

【関連ニュース】
防犯完備の高級住宅狙い空き巣=容疑の韓国人2人逮捕
空き巣容疑の50歳男逮捕=被害200件、5000万円か
高級住宅に空き巣30件か=容疑で韓国人10人逮捕
70件か、空き巣のコロンビア人逮捕=捜査員の「直感」で尾行
マダムシンコ会長宅に空き巣=貴金属など3億円被害

<出資法違反容疑>いづみや総本社元社長逮捕 愛知県警(毎日新聞)
<火入れ>オホーツクに春 北海道小清水(毎日新聞)
橋下知事「大阪市長を政治的に徹底的に攻撃する」(産経新聞)
父親は失血死と判明 大阪・枚方の刺殺事件(産経新聞)
<日立女性刺殺>容疑者供述「現場で口論、刺す」(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。